それいけ!ドンくん

やる気が絶望に

そんな感じで、やるぞって意気込んでいた矢先、僕は家族と衝突してしまいました。

僕は一度、春先に家族と就職のことで意見が対立してしまってから、家族とは就活のことは全く話題にしていませんでした。
 (僕の家族は父、母、兄1人の、4人家族です。そして、僕のことを知っているのは父親以外。父親にはどうしてもまだ言えていない状況です。父親はとても厳しく、恐い人なので、いつか、僕が対等に付き合えるくらいになったら、話そうと思っています。)

とはいっても母親はやはり就職のことが気になっていたらしく、体調が悪かったのも重なって、ある日大爆発してしまいました。
この家を出るまでは女でいろ、それが母親の出した答えだったのです。

分かるけど、分からない。それが僕の気持ちです。
母親が心配して言ってくれているのは分かります。感謝もしています。
安心させてあげたいという気持ちもあります。
でも、女で生きるなんて、考えると胸の辺りが痛い。
この痛みをずっと我慢するなんて、そんなの生きている意味なんてない!そういう気持ちも強く、強く湧き上がっていました。

どうして分かってくれないんだ!叫びたい気持ちでした。
でも、それはわがままだと思いました。これ以上母親を傷付けたくない。

僕はその話し合いのときに、女で就職活動をすると約束しました。
そしてその晩、真っ暗の部屋で、僕は独りぼっちの寂しさが本当に、本当に怖くて、眠ることもできず、ずっと、ずっと泣いていました。
今までのやる気はもうなくなっていました。
何もやる気が起きない状態がそれから続きました。
 
-続く

嘘をついても

僕は、自分に正直に生きようと思ってから、本当に良い出会いをしていると思います。
まるで、それが僕の選ぶ道だからなんだって、思ってしまうくらいに。

その出会いの中で、ひとり、お姉さんみたいな存在の人と出会いました。
こうしてやる気を失い、切羽詰った僕は、そのお姉さんに相談することにしました。

その人は仕事で大変な中、わざわざ僕に会ってくれました。
そして僕はその人の前で泣きました。情けないほどに。
いつも優しいその人は、そのとき僕に厳しく言いました。

「それは分かっていたことでしょ?前から秘密にして就職するつもりだったんでしょ?状況は何も変わってないよ。状況は別に悪くなったわけじゃないでしょ」

「どっちにしても家族に嘘をつくことになるけど、突っ走って家族を直に壊してしまうより、嘘をついたとしても家族を思うからであるなら、そっちの方がいいんじゃないかな?」

僕は甘えん坊です。情けないです。
でも、この時厳しく言ってもらえたからこそ、僕は再び自らに誓いをしたのです。
「嘘をつこう、でもそれは家族を守るためだ、そうまでもしても、僕は諦めない、僕は諦めない」って。改めて。
僕は再び就職活動をやる気になりました。

-続く

秘密のスーツ

男として就活することを家族には秘密にすると決めてから、今度はそれを可能にするための準備を始めなければいけませんでした。
家からメンズスーツを着ていけないのなら、誰も知らないスーツを買っておかなければいけません。
スーツだけじゃない、就活道具一式を揃えなければ・・。そしてそれを置いておく場所が必要になりました。

大学の女の子の友達で、一人暮らしをしていてとても信頼している子がいたので、その子にスーツとネクタイを臨時に置かせてもらいつつ、GIDmediaの二ノ宮さんにお願いし、自宅に置かせてもらうことができました。本当に感謝しています。

その反面、誰かに迷惑をかけて就職活動しなければならない自分が情けなくて嫌にもなりました。
人に甘えるのが苦手なので、すごく自分が許せなかったりもしました。
けど、それ以外に方法はないし、いい結果を残す、そして自分が頑張ることで精一杯応えようと思っています。

さて、スーツを買いに行ったときのこと。
お店の人は俺を女と知ってか知らずか、それでも案内してくれたのはメンズスーツでした。
そのときさすがに身長、さば読んじゃいました。身長低いって男としてなかなかハンデですよね。

そしていざ購入・・・名前と住所を書かないといけない!けど本当のことは書けない!
本当の住所を書いたら親にばれちゃうし、メンズスーツ買いに行っているのに女の名前なんて書けない!
さーパニックになりました!震える手で、財布を探り・・・何か代わりに使える住所はないか・・・本当に手が震えました。汗だくでした。

そして、たまたま近所の皮膚科の診察券があったのでその住所をちょっといじったものを書きました。
あの時はちょっと罪悪感とドラマのような非現実的な感じがしました。
お金もあっという間に無くなってしまいました(笑)。


GIDmediaでは、ドンくんへのメッセージを募集しています!!
ドンくんと同じ状況の人、ドンくんを応援してます!って人、ドンくんにアドバイスしたいって人、GIDmediaまでご意見・ご感想をお寄せください

なお、いただいたメッセージはサイトに掲載させていただく可能性もありますので、ご了承ください。 (掲載不可の方、匿名を希望される方は、その旨をお書きください。)