はじめの一歩

学校で少しずつカミングアウトをしながら、男として、自分の気持ちに正直に生活し始めた大学3年目、やっぱり気になるのはこれからの就職活動。

これだけ学校で自分らしく楽しく生活できていてもそれは学校内だけのこと、社会に出たら結局また女を演じなければいけないんだ、僕は最初諦めてました。
どーせ、分かってくれない。こんな人間雇ってくれるわけない。
一度も挑戦したことはないけど、そんなことやらなくても分かるよと思っていました。
周りの人にも自分に言い聞かせるようにそう伝えていました。

しかし、自分の気持ちに気付いてしまった心はどこか諦めきれずにいました。
確かに社会は甘くはない、失敗したら後戻りできない・・・。
けど、けど、女の子のスーツを着て働く自分を全く想像することなんて出来ませんでした。

そんなモヤモヤした気持ちを抱えていたある日、合同説明会が都内で開催されることを知りました。
幸か不幸か僕は男のスーツも女のスーツも両方持っていました。
僕は悩みました。どっちのスーツを着たら良いのだろう?

頭では無難に女のスーツを着たら、とは思うのですがどうしても着たくなかった。
心は男のスーツを選んでいたんです、けど踏み出す勇気がなかなかなかったんです。
僕はずっと悩みました。そして僕は就活の先輩として、わらをも掴む思いでGIDmediaのニノ宮さんに連絡しました。

ニノ宮さんとはGIDmediaの交流会で1度お会いしていたものの、それまでほとんど連絡したことはありませんでしたが、そんな僕の話をニノ宮さんは聞いてくれました。
僕はその時泣きました・・・苦しかった、けど心には諦めてない自分がいることを話しながら発見しました。

結局、その合同説明会に僕は男のスーツに黒のネクタイを締めて行きました。
会場で配られる資料には一発で女と分かる本名を書いて。
最初に入ったブースでは、僕は記憶がなくなるくらい緊張したのを覚えています。
人事の人が名前と僕の姿を交互に見ながら焦っているのを感じとってビビりまくりました。
顔では精一杯笑顔を作っていましたが、内心では何故か謝り続ける自分がいました。ややこしくてごめんなさい!!

その日、何度も逃げたくなりました。
だけどもらった企業へのシートがちょうど5枚あったので、このシートがなくなるまで帰らない、と自分に言い聞かせて僕は5社回りました。
無反応の会社の方が多かった。それがその日の感想でした。
門前払いをされたり、軽蔑した目で見られなかったことに正直僕は驚きました。

-続く