もう一度紹介します

人事の人との面談に向かう前、ずっとずっと今までのことを考えていました。一番考えたのはあの、選考合宿での失敗でした。自分が女性の身体を持って生まれてきたことを隠していけば、どこかできっと突っ張った部分が出てくる、それに全部打ち明けて働くと決めていたのだから、ここで言っておかなければ・・・。

人事の人は僕にこう言いました。「営業は本当に辛いことがある。会社はそんな辛い営業があっても帰ってくるとホッとする家のような存在でありたい。だから、ありのままでいられるようにするのが一番いいよ」僕は、本当に感謝しなければいけないとつくづく思いました。もちろん、一瞬も『完全の男としてみられたい』という欲が出ないと言えば嘘になります。きっと歯がゆいことだってあるだろうし、誤解もあるかもしれない、ちゃんと男としてみてもらえない可能性もある。

だけど大事なのは、身体が女性である事実を受け入れ、それでも男として生きることを決めた僕が、僕らしくあることなんだ、と僕は悩みに悩み自分に言い聞かせました。

数日後、僕はもう一度会社の朝礼に呼ばれました。朝礼で、人事の人が「どん君は、実は戸籍は女性ですが、会社としては男性として受け入れていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします」ともう一度僕を紹介しました。それを聞いた社員の方たちはちょっとざわめきました。人事の人に促され、僕はもう一度社員の方たちの前に立ち、「社会人としても、男としてもまだまだ未熟者です、どうぞご指導のほどよろしくお願いします」そういって、僕は深々とお辞儀しました。手に汗を握って。社員の方たちはそんな僕に拍手を下さいました。僕は胸を張ってここで働こうと強く思ったのでした。