まさかそこまで・・・

内定証書をもらって数日後、その会社から電話がかかってきました。人事の方からでした。その方は、この間の内定者紹介では単に『男性社員』としてしか紹介していなかったことを気にされて、戸籍上は女性であることをみんなに説明してあげればよかった、今度もう一度紹介させてもらいたいと思う、と言いました。そこまで人事の人は考えてくれていたのです。そして僕自身は『単に男性社員』としていたいのか、『戸籍上を明かしてそれでも男性として働くのだ』ということを明かしたいのか、どっちなのか聞きたいと電話してくれたのです。

僕は悩みました。そこまで僕の気持ちを汲み取ってくれるとは思わなかったからです。どこまでお願いすればいいのか・・・。これは、僕の甘えなのだろうか。僕はまた自問自答してしまいました。電話口で沈黙している僕を気遣って、人事の方は「面談日を設けるから、直接会って話そう」と面談日を設けてくれました。

僕は、その心遣いに感謝すると同時に、即決できなかったのは自分の甘えではないだろうか、もっと自分を明確にしなければ会社も困るはずだ、もっと揺るがない自分を作らなければ・・・もっとしっかりしなければと反省しました。