男か女か

今日は、1日に3社の第一次選考を行うというハードなスケジュールでした。
1社目は大手の広告メディア会社。2社目が急成長中の広告代理店。3社目が人材会社です。

1社目の選考はグループデスカッション選考。こういうとき迷います。
なぜなら『グループで話し合う』選考だからです。
つまり、名札を付けなければいけないのです。
本名書いたら女だってバレバレだし、けれど通称名を書くと今度は人事の人が誰だか分からない。
まぁ人事の人に先に言えばいいのかもしれませんが、まだ言ったことありませんし、人事の人もその時に言われたら焦るかも知れないし分かってもらえないんじゃないかと、またまた色々考えてしまうのです。
だから、本当に迷います。

それでその日の1社目は女でいきました。というか、説明を何もしなかった。
つまり履歴書は渡しますが、そこには事情は何も書かなかったのです。
性別は一応女に近い方に○を。わざとちょっとはずして丸をつけるのはせめてもの抵抗です。
そしてメンズスーツにノーネクタイ。最近精神的にレディススーツを着ることができなくなっているのです。

次の広告代理店は前に説明会でアンケートみたいなものを書かされ、その欄外に「男として選考に参加したいです」と書いておいたので、ネクタイを締めて男として選考に参加しました。
選考はグループ面談。とりあえず名札はつけなくてすんだのでよかったです。

最後の人材会社は、そのままネクタイ締めて男で選考を受けました。
その企業にも以前にチョロっと、読んでくれたかどうかは分からないのですが男として働きたいというメッセージを残したことがあったので、その言葉どおりの行動を取りました。

ネクタイ締めるか締めないか、男として働きたいですと言うか言わないか、違いはそれだけです。
選考の際、それがグループで話すことであろうと、グループで面談を受けることであろうと、個人の面接であろうと、中身は何も変わらないことに気が付きました。中身は僕です。

大切にしてることも、これからどういう人間になりたいのかも、どんな失敗をしどんな経験を積んだのか、なぜそう思うのか、何をしていきたいのか。
それは男だろうが女だろうが、関係ない。つまり僕は僕なのです。

僕はありのままで僕の持っているものを人事の人とかに出して見せただけです。
もちろん、男としてちゃんと働かせてもらえれば、色んな制約や色んな周りからの勘違いが僕を苦しめ僕の行動を束縛することはないはずだから、自分を最大限出し切ることもできるだろうけど、今は相手に自分を伝えると言う段階。
だから確かに男とか女とかは大切だけど、それと同じくらい、いやそれ以上に自分というものを伝えることが大切なんですよね。

アイデアを出したりするのは人間としての僕であって、そこには性別は関わってない。とにかく、中身は僕だってことです。僕は僕。そんな単純なことを再認識した今日この頃です。

One Response to 男か女か

    Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'mytheme_comment' not found or invalid function name in /home/foa/gidmedia.org/public_html/wp/wp-includes/class-walker-comment.php on line 180