最初に楽で後で苦なのか、最初は苦で後で楽か

女として受けた選考の場で、アンケートや性格適性検査など氏名と性別を書かなければいけないとき、実は楽な部分もありました。
人事の人に伺う必要はないし、ドキマギすることもない。
周りに見られるのを気にすることもないし、どう伝えたら良いのか考えることもなく、ただ事務的に書いて終わりだった。

でも、人事の人が言った一言「今日は男性陣が少ないので気まずいと思いますが・・・」その中に僕は含まれていないのは当然で、でも「男性陣」と言われたとき僕も呼ばれている気がした。
れど、「ああ、僕は違うって思われているんだよな」って。何か、ふっと、落ちるというか。

女で就職した場合、生活をする上での楽しいことや、思っていること、どんな風に感じているのかとか、きっとありのままでいられなくなるのだろうな、それが、きっと後々苦しくなるのだろうなって思ったのです。
今は、女と記入するとき「楽」に○できたとしても。

逆に、ドギマギしても自分の事をちゃんと話して、それで分かった上で仲間にしてもらえたのなら、そこでなら僕の本心を認めてもらえたことも、心から嬉しく思えるのだろなと、改めて感じたのです。

もし仕事がうまくいった時に「女の子だけどよくやったね」って言われたら、それが褒め言葉であったとしても、僕はその言葉を心から受け入れられないと思う。
そんなの、前から感じていたことだけど、女で就職したらこの先、何やってるのかなって気持ちになる。

面接を終え、帰り道で女としてなら認められても全然嬉しくない未来の自分をちょっと想像して、残念な気持ちになりました。

-続く