一次選考の結果

一次選考を受けた会社から、結果の通知が来ました。
僕は正直、自信はありませんでした。

そしてその日、大学の友達とお酒を飲みました。酔いたかった。
落ちているだろう結果を出来る限り見たくなかった。
それでもなんとかその日のうちにメールを確認したのですが、、、
二杯飲んだビールも一気に覚めていました!なんと一次選考を通過していたのです。

一瞬、頭の中が白くなりました。

急いで二ノ宮さんに連絡して、その日飲んだ友達にも連絡しました。
嬉しかった。僕の頭は希望でいっぱいになっていました。
連絡した友達が僕のことを喜んでくれたことも、僕にとってはとても嬉しいことでした。
女の子の友達はわざわざ夜中なのに「おめでとう、良かったね」と電話で声をかけてくれました。
男の友達は「誰よりも男らしいよ」と言ってくれました。

そして、気が付いたら嗚咽して泣いていました。
僕の事情を知っていて、説明もうまくいかなかったのにそれでも次の選考に呼んでくれたことが嬉しかったのでした。まだまだ最初でしかないとは分かっていても。

-続く