いざ第一次選考へ

ついに、ある企業の第一次選考を迎えることになりました。
気持ち的にとても行きたい企業です。それも男として。
その際、持っていくものに履歴書がありました。

僕はその履歴書に「戸籍は女ですが、男として働きたいです」と書いて、ネクタイしている写真を貼って、持っていきました。

第一次選考はグループワークでしたが、選考会場に入ると机に名前プレートが・・・。

女の名前を書くか、それとも男の名前を書くか。一瞬考えた末、採用担当の人に聞きました。
「本名を書かないといけないですか?」
その人はとてもびっくりした顔をして、僕も一瞬やばい!!と思いました。

「本名以外ってどういうことでしょうか」
内心ビビりまくりの僕は、「いや、通称名とかではダメです・・・よね・」というのが精一杯でした。
それを聞いて担当者さんは理解したようににっこり笑い、「うーん、すいません、では、両方書いてください」

たぶん、何か勘違いしたんだと思います。僕の説明不足がいけないんですけど。
自分の事を言う勇気がなかった。性同一性障害です、それで・・、って説明するほど勇気が無かった。悔しいけど。

そうして、僕は覚悟を決めました。ここまできたんだ、やるしかない!!
名前プレートの表に女の名前、裏に男の名前を書きました。一緒のグループになった子達はとても不思議な顔をしていました。
どういうこと?と聞いてくる子がいたので、こっちが戸籍上の名前で、こっちが社会生活的に使ってる名前なんだ。と勇気を出して言いました。

というか、もう完全に開き直っていたんですね。いつもうじうじ考えてしまう思考回路がショートしちゃったみたいです。
それからはもう、ただあるがままにワークをして、終わった後、採用担当の人に会うのもこれで最後だなって思って、扉の前で「ありがとうございました」と深々とお辞儀をして、帰りました。

帰りの電車を待つホームで、ちゃんと説明できなかった自分が情けなくて、それにちゃんとワークをしても性別できっと自分は落とされてしまうに違いないって思ってしまって、悔しくて、悲しくて、気が付いたら泣いていました。
電車の窓に映る疲れた顔から、ポロポロ涙が出ていました。
こうして僕の初めての一次選考が終わりました。
 
 -続く

One Response to いざ第一次選考へ

    Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'mytheme_comment' not found or invalid function name in /home/foa/gidmedia.org/public_html/wp/wp-includes/class-walker-comment.php on line 180