性同一性障害に関する講演のご依頼

性同一性障害(GID)当事者の話を聞いてみませんか?

生まれ持った身体の性別と精神的性別が一致していない性同一性障害。
国内には、数千人から数万人の当事者が存在すると言われています。
NPO 法人GIDmedia では、性同一性障害をただ障害やハンディとするのではなく、
<1人の人間の生き方>と捉え、発信している団体です。
性同一性障害を少しでも身近な存在として知ってもらえるよう、
私たちは現在、勉強会と一般講演の2つのスタイルで講演を行なっています。

勉強会

10 代の当事者たちに、少しでも楽しい学生生活を送って欲しい!!
GID当事者が一番辛かったと語る時期が、二次性徴の始まる思春期や学生時代です。
そのため、当事者の子どもたちをサポート可能な立場にある方々への勉強会を行っています。

【主な対象】
・教職員、医療関係者、カウンセラー及びそれらに従事予定の学生など

【主な内容】
・性同一性障害やセクシュアルマイノリティについて
・GID当事者の体験談
・それぞれの現場で起こる問題等への具体的な対応策 など

一般講演

心と体の性別が食い違っていることで生じるハプニング、
一体どんなものがあるか想像できますか?
GID当事者が生まれてから現在まで、何を考え、何を思い、どんな生活を送ってきたのか。
『自分らしく生きる』をテーマに、笑えるエピソードを多々含めながら、
性同一性障害を身近に感じてもらう為の講演を行なっています。
GIDであることを隠してビクビクしながら生きることよりも、
自分をさらけ出してもありのままを認めてくれる仲間を増やしていく道を私たちは選びます。
自分らしく生きるって何だろう?一緒に考えてみませんか?
※内容に関しましては、ご要望に出来るだけお応えしますので、ご相談ください。

 

<<活動実績>>
講演(於:埼玉大学、駒沢大学、日本福祉専門学校、昭和の森看護学校、鴻巣市役所等)、
NHK 教育「ハートをつなごう」出演、GID 当事者及び非当事者向けイベント・交流会の開催

 

※現在、講演活動は停止しております。