GID

<ジーアイディー>
性同一性障害(Gender Identity Disorder)の略称。
身体の性別とジェンダー・アイデンティティーが一致しない状態のこと。

ジェンダー・アイデンティティー

自己の性別に関する認識。「私は女性である」と認識したとき、その人のジェンダー・アイデンティティーは女性である、といえる。

ジェンダー

生得上の性別(生物学的性)と区別して提唱された概念で、後天的に形成される「心理・社会的な性」という意味で使われている。

トランスジェンダー

トランスジェンダーとは、1960年代にアメリカのヴァージニア・プリンスが、「性器レベルで性別を超えたい訳ではなく、生得上の性別と反対の性別 / 性役割で暮らしたい者の呼称」として提唱した概念である。

現在では、単純に「生得上の性別と反対の性別 / 性役割で暮らしたい者」として性同一性障害の者も含んだり、「男 / 女という性別を越えて自己実現を行う者」も含めて、より広義に解釈されて使われている。 日本の性同一性障害当事者の間では、ガイドラインでいう第2段階までを希望する者として使われることが多い。

FTM

<エフ・ティー・エム>
Female To Maleの略。
女性から男性へ、性の移行をした人、移行途中の人、移行させたいと思っている人のこと。

MTF

<エム・ティー・エフ>
Male To Femaleの略。
男性から女性へ、性の移行をした人、移行途中の人、移行させたいと思っている人のこと。

治療

性同一性障害の治療には、ホルモン療法と手術療法がある。
ただし、性同一性障害当事者の中でも、このどちらも必要とする者もいれば、ホルモン療法のみで状態が改善する者、手術療法のみで状態が改善する者、またどちらも必要としない者もいる。

ガイドライン

●性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン(第3版)

性同一性障害の治療は、日本精神神経学会の性同一性障害に関する委員会による 「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」の3ステップに沿って行うことが推奨される。 第1は、精神科医による外科的治療へ進むことへの鑑別と治療の確認である。
ホルモン療法は一度始めたら生涯続けなければいけない治療であり、身体に大きな負担となる。
また、生殖機能を除去することは、不可逆の手術であり、治療に進む意思確認は非常に重要であるため、
生活史や実生活の状況の聞き取りなどから鑑別することは重要であり、
その後も治療の確認など精神科医やカウンセラーとのやり取りは継続して行われる。

第2に、ホルモン投与療法とFTMへの乳房切除手術がある。 個人差はあるが、ホルモン療法によって、FTMの場合、筋肉量が増加し、体毛が濃くなり、声が低くなり、月経が停止する。
MTFの場合は、体毛が減少し、脂肪がつきやすくなり、皮膚のきめが細やかになり、乳房が発達する。
また副作用として、FTMには頭髪の減少、挫創(にきび)の増加、肝機能障害、MTFでは血栓症の危険性が増大することが認められている。
さらに、第2ステップではFTMへの乳房切除手術も含まれる。

第3に、生殖器に関する手術療法(性別適合手術)である。
FTMの場合、子宮摘出、膣閉鎖、尿道延長および陰茎形成がある。
MTFの場合、豊胸手術、陰茎および精巣の切除、膣および外陰部の形成がある。
これらのうち、本人が望む手術が行われる。

ガイドラインにはあくまでも治療の段階に関するものであり、治療をしたからといってGIDの苦しみから完全に解放されるということはまずないと言ってよい。
ホルモン療法は継続して行わなければならないのであり、途中でやめた場合、めまいや倦怠感、体のほてりなど更年期障害のような症状が起こる。(このような症状は治療当初に出る場合もある。)
そして、戸籍の性別が変更されていない場合は、保険証やパスポートに記される性別と見た目の性別が真逆になり、その度にGIDについて説明しなければならない。治療は望む生活を得るためのステップに過ぎず、治療をすればすべてが解決するということではないのである。

特例法

正式名称は、「性同一性障害の性別の取扱いの特例に関する法律」である。
性同一性障害 (専門的な知識を有する医師2名以上によって「性同一性障害」の診断を受けている者)であり、かつ次の条件を満たした者が、戸籍の性別を変更することができる。1. 20歳以上であること
2. 現に婚姻をしていないこと
3. 現に子がいないこと
4. 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
5. その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること

5番目の条件は、緩和されている傾向にある。
戸籍には男性・女性と性別が記載されているわけではなく、戸籍の筆頭者との続柄が記されており、正確には続柄が変更される。この法律は、2004年7月に施行されて以来、1年で200名以上が戸籍の訂正を認められており、
現在ではその倍近くの人が許可されているのではないかと想定される。

パス

希望する性別で通用すること。 例)FTMの場合、「パスした=男として通用した」
反対に、戸籍上の性別がバレてしまうことを、「リードされる」と表す。(実際はあまり使われない)

FTX / MTX

<エフ・ティー・エックス / エム・ティー・エックス>
FTMやMTFのように、自分の性別に対する違和感を感じてはいるが、逆の性別への帰属感が薄い人、あるいは無い人。中性、無性とほぼ同義語。Xというのは、Xジェンダーのこと。