Living Library 感想 – Blue Birds

渡邉、二ノ宮が参加した『リビングライブラリー』。
これを主催したBlue Birdsのメンバーにコメントをもらいました。

————

 今回、リビングライブラリーの企画代表をさせていただきました、村井七緒子と申します。何よりもまず、GIDmediaの皆さんに今回の取り組みに対して全面的な協力をしていただいたことを、心より感謝しています。本当にありがとうございました。

 リビングライブラリーは、生きた人間が「本」になる、というユニークなコンセプトに基づいていますが、簡単に言ってしまえば、初対面の人間同士の対話に過ぎません。それでも、私たちがこのリビングライブラリーに惚れ込み、日本で実現させようと強く思ったのは、これまでのさまざまな人との出会いの中で、
「人と話すこと」のもつ魅力を、私たち自身が身をもって感じていたからです。「人と会って話すことはこんなにも面白いことなのだから、もっともっとたくさ
んの人が混ざり合って対話することで、もっともっと面白い社会になるんじゃないか!」そんな思いから、リビングライブラリーの準備を始めました。社会的マ
イノリティと呼ばれる人々をはじめとする、他者への無関心が、差別や偏見といったさまざまな問題に結びついている、という問題意識もあったので、対話がその解決の糸口になるのではないかという思いもありました。

 そうはいっても、これは私たちの経験に基づく憶測でしかありませんでした。しかし、それが間違いではなかったということが、今回、証明されたと思いま
す。対話中、読者となった生徒たちも「本」の皆さんも、本当に生き生きとしていました。生徒の中には身を乗り出して「本」の話を聞いている子もいたし、
「本」を見つめる目が真剣そのものという子もいました。終了後のアンケート記述では、多くの生徒が最後まで残って必死で感想を書いてくれました。「本」の
皆さんも、それぞれがそれぞれのストーリーを、とても楽しそうに生徒たちに話してくださいました。終了後の簡単な反省会での「本」の皆さんのお言葉は、胸
に響くものばかりでした。皆さんお一人お一人に、この企画に加わったことでさまざまなことを感じて考えていただけたことを、とてもうれしく思います。

 私たちのリビングライブラリーの目的は、「多様性のある社会の実現」にありました。他者を知ることで自分自身を見つめ直し、相手のことも自分のことも認
めることができたら、さまざまな特徴をもった人が互いに自分らしく共存する社会が築けるのではないかと思います。そして私自身、このリビングライブラリー
の準備の過程が、まさにリビングライブラリーでした。さまざまなセクシュアルマイノリティの方にお会いして、皆さんから生き生きとしたお話を伺うことで、
多くの発見があり、何度も元気づけられ、そして楽しい時間を共有させてもらいました。そして、この企画の説明をして、「本」の皆さんに目的や理念に共感
し、協力を約束していただくたびに、どれほど皆さんに励まされ、自信をつけることができたか知れません。

リビングライブラリーの初めての試みを終え、課題や問題点も見えてきました。対話を深める質問をいかに引き出すか、対話の内容をどこまで管理すべきか、などがその一部です。それでも、リビングライブラリーのニーズと、それを受け入れる素地が、日本社会には確かにあるということを確認することができました。これから、この運動がますます広がっていくことを願ってやみませんし、そのために尽力することができたら、それは私にとってこの上ない喜びです。

 私たちのリビングライブラリーを共に作り上げてくださり、そして、このような場を設けていただき、本当にありがとうございました。

村井七緒子

続きを読む →

講演会@早稲田大学

10月22日、私(サポーター平田)の母校でもある早稲田大学において講演会を行いました。
ジェンダー学を学んでいる大学院生の授業内で、
GIDmediaスタッフの二ノ宮と私、そして協力者としてFTMのSくんにも参加してもらい、3名でお話させていただきました。

はじめに、私が「性の多様性」についてお話しました。
今回の講演はジェンダー学の授業内であったため、GIDのみに的を絞らず、
インターセックスや同性愛・両性愛などについても触れながら、
性のいろいろな在り方(体の性・心の性・恋愛対象など)について紹介をしました。

受講生は10名ほどの少人数だったため、
私のお話に続いて受講生と私たちが同じテーブルにつき、
受講生の質問に私たちが答えるという形式でのグループワークを行いました。
ここではGIDに焦点を当て、どんなことで困ったことがあるのか、
家族や友人は知っているのか・・・などの質問に、体験談を交えながら答えていきました。
まだまだ話し足りないうちに時間になってしまったのは残念でしたが、
普段はあまり聞くことのできない非当事者の意見を聞く良い機会となりました。

講演者として初参加した私でしたが、受講生のみなさんに性のことを少しでも知っていただけたなら、
これ以上のことはありません。

最後に、講演の依頼を快諾くださり、講演の機会を与えてくださった担当の先生に、この場を借りてお礼を申し上げます。

GIDmediaサポーター 平田雅美

受講生の感想はこちらに掲載しています

研修会@埼玉県の中学校

2008/08/21
 
埼玉県内の中学校にて、教員の皆さんを対象とした研修会を行いました。
現役の教師の方々、約30名にお集まり頂きました。

まずは二ノ宮が性同一性障害の概要を簡単に説明。

情報がこれだけ溢れている時代です。
性別の悩みを抱えている当事者の生徒もネットや本などで、

性同一性障害のことを調べている場合が大半だと思われます。

当事者の生徒が相談しに来てくれたときに、例えば、<FTM・MTF>という言葉を知っているだけで、

この先生になら話しても大丈夫かも?という安心感に繋がるので、
コミュニケーションのツールとしてGIDmediaでは、用語説明や概要を伝えています。

次に体験談。
FtMである西野が生まれた頃から現在までのヒストリーを。
続いて、現役高校生のFtM、廣田が学校生活を中心とした体験談を話しました。
廣田の話は、実にリアリティがあり、性別にまつわる学生生活での苦悩や葛藤、

そして、自分らしく生きる為に努力して掴み取った現在の生活はとても説得力があり勇気づけられるものでした。
教員の方々も、生徒と年齢の近い廣田の話は特に熱心に聞いてくださっていたように思います。

体験談後は、二ノ宮、西野、廣田の3人でそれぞれのグループに別れ、

話を聞きたい人の所に集まっていただき、フリートークの時間を少し長めに設けました。
体験談では納まりきらなかった、家族、親戚との関わりや当事者の生徒への対応など、
質疑応答も含め、アットホームな雰囲気でお話させていただきました。

ご参加くださった先生方、どうもありがとうございました。

お集まり頂いた先生方の感想はこちらに掲載しています。