講演会@武蔵野大学

はじめまして、GIDmediaの佐々木(MtF)と申します。

11月28日、武蔵野大学にてスタッフの二ノ宮と私とで講演会を行いました。

今回の講演は児童教育学科の生徒が対象でした。

性同一性障害に関する事前知識はあるとの事だったので、最初に性同一性障害について簡単な説明をし、日常に溢れているLGBTを表す言葉と、それを当事者はどう受け止めているかをお話しました。

そして、学生時代の話を中心に幼少期から今に至るまでのFtMの二ノ宮とMtFの佐々木の体験談を交えながら、今と10年前の性同一性障害の認知度、今の性同一性障害を抱えるこどもへの対応の実例、「これからの園児・児童教育現場での性同一性障害当事者への対応」を紹介しました。

園児・児童の性同一性障害かどうかの他者からの判断は難しく、勝手な判断は出来ないので、こういう人もいるんだよというロールモデルを実際に見せてあげたり、性同一性障害のみならずLGBTに対して批判的な意見を述べないなど、当事者が相談しやすい環境を作り、慎重に対応することが大切であると述べました。

私自身初めて講演会に参加し、複数人の前で初めて当事者の一人として話をしました。

私の体験談が少しでも参考になるのであればと思い、たどたどしいながらも20分の持ち時間で学生時代辛かったこと、嬉しかったことを中心にお話させていただきました。

これからGIDmediaのスタッフとして活動をする上でよいスタートを切ることが出来ました。

次は私の体験談だけでなく、他のさまざまなパターンも紹介できたらと思いました。

そのためにも私自身日々勉強し、いろんな当事者、当事者の親御さんの声を聞いてより良い講演を開けるように努めます。

来週末、12月8日にはスタッフの二ノ宮が店長を務めるバーで交流会が開催され、私も参加します。

当事者・非当事者関係なく参加可能です。

友達作り、人生相談、外出リハビリ?、何が目的でも構いません。論文のために当事者の生の声が聞きたい、という学生さんもお気軽にどうぞ!

1人で参加する人が多いので、心配せずにお気軽にお申込ください。

定員20名程度で先着順にて締め切ります。申し込みはお早めに。

12月 交流会 

日時:12/8(日) 15:00-17:00 

場所:新宿区高田馬場 

参加費:一般1500円/学生1000円(1ドリンク・軽食付) 

お申し込みはこちらから