レインボーウィーク×GIDmedia前編

お久しぶりのスタッフレポートとなります。

GIDmediaスタッフの佐々木です。

今年の東京レインボーウィークも折り返し地点です!

GIDmediaでは、昨年NPO法人ピアフレンズさんで開催したピクニックを、
今年は「レインボーウィークならLGBTsみんなが集まれるように」と、
2つのNPO法人がタッグを組んで、LGBTs全てのセクシュアリティの方が交流できる
セクシュアリティ・フリーのピクニックを開催しました!
その名も『ピアフレ×GIDmedia レインボーピクニック』

4月27日、絶好のピクニック日和に恵まれ、GIDmediaスタッフはピクニック会場となる
代々木公園近くで、NPO法人ピアフレンズのスタッフさんと合流し、代々木公園内へ!

昨年と同じ場所で行おうと、スタッフが木陰にブルーシートを広げたところ…
木の上や周囲にはカラスが!慌てて他に場所がないかを探して移動しました。
そして、ブルーシートを広げて準備が終わり、スタッフ同士の最終確認後
会場案内のスタッフが各配置につき、参加者を待ちました。

開始時間が近づくに連れ参加者の皆さんが続々と会場に訪れ、
受付が終わった方から順に座ってもらいました。

参加受付が落ち着き、
司会進行のピアフレンズ代表の小道翔太さんとGIDmediaスタッフの佐々木が挨拶をし、
「写真撮影について」「勝手なアウティング」「無理なカミングアウト」の
3つのフロアルールを確認した上で、ピアフレンズさんで行っている
1minuteトーク(ペアになって1分間自己紹介などをするトークゲーム)を行いました。

参加者のみなさんは1分間と言う短い時間で、同じセクシュアリティの方から、
普段触れ合うことの少ない他のセクシュアリティの方とのトークを楽しんでいました。

他にもテーマトークやクイズを用意していましたが、
カツサンドの準備の時間や食べる時間を考慮して省略し、ランチタイム♪

参加者とスタッフ合わせて約100人が、いくつかのグループに別れて
おいしいカツサンドを囲み、1minuteトークで知り合った人や、
まだ話をしたことがない人みんなでトークを楽しみました。

フリートークに花が咲くピクニックの時間も終わりが近づき、
パレードに参加する方への案内を行い、終了の挨拶をしました。

ピクニック終了後は、パレードに参加しない方はその場で解散。
パレードに参加する方はフロートの案内担当者から参加チケットを受け取り、 スタッフがパレードのスタート位置まで案内をしました。

参加者のほとんどがそのままパレードに参加し、原宿〜渋谷の街を歩きました。
パレードの参加者からは「いい経験が出来た!」「気持ちよかった!」「楽しかった!」
「また参加したい!」などのコメントをいただきました。

GIDmediaスタッフ全員初のパレード参加でした。

また、パレードの後はトランスジェンダーの無料相談からSRSアテンドまで行っている
G-pit net worksさんとの合同ブースでGIDmediaのフライヤーを配りながら
ブースに訪れた人と交流をしました。

私は今回初の東京レインボーウィークでレインボープライドパレードを体験し、
普段は表立って出ないLGBTsのみんなが「私たちはここにいるよ」と主張することで
パレードの沿道の人々に存在を知ってもらい、「別に不思議なことじゃないよ」
と当事者・非当事者にも訴える事ができたのではないかと
パレードに参加していることを、誇りに思うことが出来ました。