交流会を開催しました

スタッフの佐々木 和です。

約半年ぶりの交流会開催にも関わらず、定員いっぱいの参加者が集まってくれました。

今回は全体的に参加者の年齢層は若く、
当事者として悩みを相談しに来た方
当事者の子供を持っていて、これからどうしたらいいかを聞きに来た方
身近に当事者の友人がいなくて友達を作りに来た方
研究者としていろんな事例の話を聞きに来た方
治療を進めていて当事者の先輩としての立場からアドバイスをしに来られた方
本当にいろんな方々に集まってもらえました。

スタッフのほとんどが学校または職場の「友人」が初カミングアウトの対象でしたが、今回参加してくれた10代~20代前半の当事者の初めてのカミングアウトが全員「親」だったことにスタッフ一同驚きました。

インターネット上に情報が溢れ、容易に当事者同士が知り合うことができ、性同一性障害についても自分で調べられる時代。スタッフの学生時代との大きな違いに私達は改めて今の性同一性障害について考えさせられる交流会となりました。

最近はGIDmediaとしての目立った活動があまり出来ていなかったので、来年以降は交流会の開催頻度も安定させ、コミュニティの輪も広げ、もっといろいろな事をやっていけたらと思います。

参加者の声