映画祭@大阪の感想③

最後に映画祭では拝見できなかったのですが、るぱんくんが「まんこ独り語り(初級編)」のDVDを送って下さったので、その感想もこちらに載せたいと思います。

ちなみにこの「まん独」、今週末に東京上映会を開催されるそうです!!

*******************************

映画『まんこ独り語り(初級編)』上映会+監督トーク!

ヴァギナ・モノローグにインスパイアされ製作された映画
『まんこ独り語り(初級編)』
(2007/日本語/日本語字幕あり 関西クィア映画祭2007特別追加プログラム上映作品) が東京初上陸!? 監督のトークと共に楽しみませんか。

■出演・和義名万子(『まんこ独り語り』監督)、もりもり☆アイアイ(あくまで実践 獣フェミニスト集団FROG)

■日時・9月15日(土)17時~ 上映(61分)+監督トーク・質疑応答
■場所・新宿区※予約された方に場所をご案内いたします

■完全予約制のため、参加希望の方はmankogatari@gmail.comに、お名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
■参加費・1500円

■主催・FROG
■問合せ・mankogatari@gmail.com
■作品概要はこちらでご覧になれます。

http://www.kansai-qff.org/2007/sakuhin/15manko.html
★予告編はYouTubeで★

http://jp.youtube.com/watch?v=z4giNMXo6R0

※参加希望者が多い場合、16日、午後に追加上映の可能性あり。

詳細はmankogatari@gmail.comに問合わせ願います。

*************

まん独(まんどく)上映の前に
『今月のフェミ的』出版記念イベントがあります!こちらもどうぞ。

~フェミズムに王道なし! FROG、フェミ丸だしトーク

『今月のフェミ的』(あくまで実践 獣フェミニスト集団FROG、インパクト出版会、2007)刊行を記念して、FROG設立メンバーの3人が久々に集結! それぞれのフェミとの出会い、フェミ的活動経験、フェミについて思うことを語ります。レッツ経験共有☆トーク! 交流会もあります。お茶を用意してお待ちしています。

■出演・薫薫・水島希・もりもり☆アイアイ(あくまで実践 獣フェミニスト集団FROG)、須藤久美子(インパクト出版会「今月のフェミ的」担当編集者)ほか

■日時・9月15日(土)13時~
■場所・パフスペース(早稲田駅徒歩2分、新宿区馬場下町18フェニックスビル3F)

■参加費・1800円 ※予約不要
■参加特典・FROGポストカード進呈
■主催・FROG、インパクト出版会

■問合せ・インパクト出版会 Tel03-3818-7576

****************************

さて、「まん独」の感想ですが・・・

その前に、「まんこ」と発言出来ないです笑
自分の中に、イメージが出来上がっているからでしょうか。
どうも卑猥なイメージがついて回ってしまいます。
でも「ちんこ」もそんなに口にすることはないし、「うんこ」トークも苦手です。
全体的に、潔癖なんだと思います。
ただこの「潔癖」と私が言うものも、ジェンダーなんでしょう。難しくなるからこの辺で。

今度こそ、まん独の感想を。
この「まん独」は【まんこを所有する人】10名によるインタビュー形式の映像です。
女性、レズビアン、FTM、MTF(SRS済み)など様々な方が出演されています。
そしてとにかく、出演された方々に感謝したいです。
こんな風に「まんこ」について正直に語っていただいて(エロ目的以外でね)いっそ清々しい気持ちになりました。
ふたをしている、というのが「まんこ」を取り巻く環境なのでしょうが、それを所有する以上そこからは逃げられなくて。
特に、FTMにとってはタブー中のタブーでしょうか?

しかし、この中に出演されているFTMの方がまた、さっくりすっきりと「まんこ」について語ってくれています。
それが観ていて一番おもしろかった!
こんな風にポジティブに「まんこ」について語れる彼と、一度会ってみたいです。
いや、プラスにもマイナスにもせず、ただ一器官として語ることも出来ないっていうのもかわいそうな話ですよね。
ほとんどの人がそこからやってきたのに・・・

必ずしも、それ(「まんこ」)について口にする必要はないけれど、自分の体の一部として、それだけをのけ者にしてしまうこともないのかなぁと思いました。
また、MTFの方も出演されていたのですが、何というかこちらは「ド迫力」って感じでした!!
でも、あんな風に(ご飯を食べながらでなくともいいですが)楽しく話題のテーマにしてくれるっていうのがよかったな。

今回は【まんこを所有する人】ということだったのですが、こうなると、まんこを持たない人の視点も興味深いですね。
所有する以上、所有しない当事者にはなれないので、そんな展開もあったらおもしろいかなと思いました。
ただ、あくまで当事者が語ること、当事者にしか語りえないこともまずは充分に聞かないとね。
学校のトイレで自分の「まんこ」を鏡で見るという遊び?が流行った、という話が出演者の中から出ましたが、いつからかそれがタブーな存在になってしまうんですよね。

なんだか感想らしい感想が書けなくて残念ですが、興味のある方は是非上映会にご参加ください。
ちなみにこちらが監督からのメッセージです。
るぱんくんに会いに、自分も参加します。

ふと気づいたけど、こんだけ「まんこ」と書いてしまうと、変な検索に引っかかってしまうかしら・・・
ごめん>web担当純

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*