理想論??

僕が住んでいるアパートまでの道に<蛙>が出没します。
それも3匹ね(こんな都会に…)
名前はまだ付けていませんが(笑)かなりデカイ!!
雨の日は帰れません。
蛙が苦手で本気で引越しを考えている二ノ宮です。(ダサっ!)

ボランティアステーション主催の講演会も無事に終了し、
次の企画に向け、進み出しています。

今回ですね、講演のネタ集めで、昔の文章をひっぱり出してきたと…メルマガでお伝えしましたが、
さすがに中学生ぐらいから書き溜めてきたものを読むと、人間って成長するんだなぁーと。
辛かったこと、苦しかったことを、忘れつつある毎日は幸せなことかも知れない。
でも、確実にあの日々があったからこそ、今の僕がいるってことは忘れちゃいけないですね。

過去を捨てちゃう人もいるけれど、どんな過去も未来も、
女で過ごしていようが男で過ごしていようが、
同じ「二ノ宮」という人間が歩んだ道。
大切にしていこうと僕は思っています。

カミングアウトを始めた頃。こんな文章を残していました。

~友達はまだまだ僕を女扱いして、僕自身も女として生きている
 僕の心の問題はみんな知っている 
 だけど依然として僕は女であり男じゃない
 そんな現実に苦しくなる 
 それは我侭かい?それは自己中かい?やっぱり体が必要ですか?~

きっと今、こんな風に感じている人もいるんじゃないかな?と思います。
表面的には<受け入れて貰えた!!やったー!!>なんて喜んでみても、
些細な一言で傷ついたり、自分が求めているものとは違う言葉に落胆したり。
あーやっぱり結局、解ってないんだな…って悔しい気持ちのまま日々を過ごして。
僕も、いったい何年こんなことを続けるんだって…
本当に、そんなことの繰り返しでした。

でもね、あきらめずに進んでいけば、必ず道が拓ける瞬間がある!!
手探りでいいし、疲れたら休めばいい、愚痴ったっていい。
閉鎖的だと周りに言われようが、共感し合える仲間と一緒に進んでもいい。
なりたい自分、こんな風に生きたいんだって想いだけは捨てずにさ。

そんなの理想論だよ…現実は違う…進める人は凄いね…どうせ自分なんて…
それでもいいんだよ。そこからスタートでいいじゃない。

明けない夜なんてないはずだから。
(…よく言うじゃないですか?アレ?またカッコつけ?爆)

やばっ!オチがないっ…上手いこと言えね…\(゜ロ\)

えぇ…信じるか信じないかはあなた次第です。
(結局<都市伝説>のパクリかよっ!笑)

チーン。

大丈夫!また一歩、足を踏み出そう。

二ノ宮。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*