ESTO★第26回親子交流会@東京

ESTOさんより、親子交流会のお知らせです。
この度、日本で初めて「クイア学会」が開催されるそうです。
著名な方々のお話を直接聞ける貴重な機会です。
特に学生の方などは、卒論のヒントもあるかもしれませんね。

———————————————

★第26回親子交流会@東京
日時:2007年10月27日(土)13:00~19:00(集合12:30)

[1]クィア学会設立大会シンポジウムの見学
集合時間 12:30
集合場所 東大駒場キャンパス近辺(参加者に通知)
参加費 無料

<内容>
今回は、LGBTのコミュニティと共に生きることをテーマに、
「東京プライドパレード」で一緒に歩いた人達の声を聞きながら、
これまで気づかなかった性同一性障害の人達とも共通する悩みや
求めていること、社会の中で多様な性を生きることについて、
一緒に考えてみたいと思います。
クイア(Queer)とは「奇妙な」から転じて、性的少数者に対して
差別的に使われてきましたが、現在では多様な性を自己肯定する
言葉として積極的に使われるようになりました。
クィア・スタディーズは、セクシュアリティやジェンダーなど性に
関する様々なことについて考えてみようという世界的な活動です。
トランスジェンダーでレズビアンの野宮亜紀さんの他、レズビアン
やゲイのシンポジストがお話をされます。
東大の駒場キャンパスで行われる学会に、みんなで行ってみませんか?
保護者の方のご参加もお待ちしています!

※LBGTとは?
L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー
の略称です。LGBTだけでなく、I=インターセックス、A=アセクシュアル
など、その他の様々なセクシュアリティの人達とも連帯していこうと
いう動きがあります。

<クイア学会設立大会の概要>
シンポジウム(一般公開:参加費 無料)
「日本におけるクィア・スタディーズの可能性」
日時:
2007年10月27日(土)午後1:30 – 4:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館
シンポジスト:
沢部ひとみ、砂川秀樹、野宮亜紀、伏見憲明、清水晶子 (敬称
略)
司会:河口和也、堀江有里
主催:
日本学術振興会科学研究費補助金研究
「日本におけるクィア・スタディーズの可能性」プロジェクト
詳しくは→ http://queerjp.org/
※クィア学会のWebは、親子交流会サポーターの石田仁さんが担当しています(^^)


[2]交流会
時間 17:00~19:00
会場 東大駒場キャンパス近辺の施設かファミレスを予定
参加費 約1000円(食事やお茶の実費)

申込み〆切 10月24日(水)24:00まで

スタッフ:真木柾鷹
サポーター:荘島幸子

<スケジュール(予定)>

12:30    
集合
13:00~16:30 シンポジウム参加
17:00~19:00 交流会

<申込み方法>
下記の項目を明記の上、
oyako_tokyo_esto@yahoo.co
「.jp」を加えて、送信してください。
※迷惑メール対策のため、アドレスを変更しました。

[1]
ESTO会員&過去に参加された方
1)お名前(通称名OK)
2)E-MAIL
3)TEL(緊急時の連絡用)
4)同行者の名前と人数(可能なら携帯、E-MAILも)
*携帯、E-MAILの変更は必ずお知らせ下さいね!

[2]
新規参加者
1)お名前(通称名OK)
2)E-MAIL
3)TEL(会場を電話でお知らせします)
4)セクシュアリティや参加理由
5)年齢(ユースのみ申告)
6)同行者の名前と人数(可能なら携帯、E-MAILも)

◆第27回親子交流会@東京(予告)

日時:2007年12月22,23日(土日)のどちらかの午後
参加費:会員 500円 非会員 1000円
会場:世田谷区内を予定
テーマ:未定&クリスマス会
スタッフ:桑原&石田(予定)

※親子交流会に呼んで欲しいゲストやこんな話を
聞きたいという希望がありましたら、リクエスト
をお寄せください。会場やメールで受け付けます。
楽しくて、「参加して良かった!」という交流会を、
参加者と一緒に作っていきたいと思っています!

◆お申込&お問合せはこちらまで
親子交流会サイト http://hp.kutikomi.net/esto-oyako/
親子交流会@東京の専用アドレス

oyako_tokyo_esto@yahoo.co
※「.jp」を加えて送信してください。

◆「親子交流会@東京」とは?

性同一性障害などの性別違和感を持つ24才までのユースと保護者
のための交流会です。
同じ悩みを抱える友達が欲しい、両親や兄弟などの家族、友人に
理解をして欲しい、また同じようなお子さんをお持ちの親御さんと
話がしてみたいと思う皆様のために開かれています。

ユース一人だけの参加、保護者の方お一人の参加、友人や家族と
一緒のご参加を歓迎します。
また、子供をサポートする専門家(教育・医療・ボランティア等)の
ご参加もお待ちしています。
なお、25才以上で専門家以外の成人当事者の参加はご遠慮ください。

25才以上の当事者の方には、LIFE&LIVE講座をご案内いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*