メルマガ発行しました&交流会でした

先ほど、メールマガジンを発行しました。登録したのに届いてない!という方がいましたら、お手数ですが再度登録してみてくださいm(_ _)m

昨日は交流会でした。回数を重ねるごとに参加者層がどんどん広がって来ていて本当に面白い交流会になってきていると思います。

昨日も参加者さんが「当事者じゃない人も参加しているというのがいいですよね!」とおっしゃってくれました。ありがとうございます。
GIDmediaの売りはそれくらいしかないですからね~
しかしそれこそが1番大事なことだと思っています。
当事者しかいない環境なんて不自然すぎて気持ち悪い・・・。

現実社会でしっかりと生きていくためには、当事者思考から抜け出す必要があると強く感じています。
GIDを言い訳に現実から逃げている自分に気づくこと。
被害者意識を持ってしまっている自分に気づくこと。
すべてはそこから始まると思っています。

掘り下げて掘り下げて自分と向き合うその時期は、1番しんどい時期になると思いますがそこを抜けることができると、一気に楽になれるんですね。
本当にポーンと突き抜ける感じです。
そうなったら強いですよ。人にどう思われようが何を言われようが気になりません。
力を抜いて、自然体で生きられるようになります。

それを知ってもらいたくて、だけどそんなもの簡単に伝わるわけはなく・・・
本当に地道に活動していくしかないのだなと改めて実感している今日この頃です。

だから、出来ることなら何度も交流会に足を運んでもらいたいなと思うのです。
やはり自分1人で考えているだけでは、思考パターンや視点というのはなかなか変わらないと思います。というより、人に言われて気づくことの方が断然多いと思うので1人では無理があります。
自分で気づけるのであれば、そもそも今の自分の思考に陥ってないはずですから。

しかし普通に生活していると、指摘やアドバイスをしてもらえることってそうそうあるものではないです。


ありがたいことに、僕らはこうして活動しているおかげで周りの人たちからアドバイスしてもらえる機会がたくさんあったので、色々なことに気づくことができました。(現在も日々勉強中の身ではありますが)

指摘されないから自分は出来ている、正しい、と思っている人も多い気がしますが実際はそうじゃないんですよね。
言わないだけです。言ってもらえないだけです。特に成人していると。
傷つけたくないという優しさから言わない人もいれば(僕らはそれを上辺の優しさと呼びますが)、面倒くさいからいちいち指摘なんかしない人もいるでしょう。

「何言ってるんだ、こいつ。子供じゃないんだからさ・・・」
そう感じていたとしてもわざわざ指摘しないんですよ。

指摘してもらえているとしたら、それはよっぽど自分のことを親身に考えてくれている証拠です。
指摘やダメ出しをするといういうことは、相手と真剣に向き合うことになるわけで、相当なエネルギーがいるのです。
他人の事なのにそのエネルギーを傾けてくれるわけですから、ウゼーなと思ってしまうのはかなり間違っているわけですね^^;

しかし言われた瞬間には、そのことに気づけない場合が多いですよね。
指摘やダメ出しをされたら凹んだりイラついたりしてしまうというのが王道的だと思います。『指摘されることに慣れていない』、これが原因なんでしょうけどね。

だから時間が必要だと思うのです。1度や2度話したくらいじゃ、伝わらない。
相手の言っていることが腑に落ちない限り、自分の思考は変わらないと思います。

「●●さんは強い人だからそうやって言えるんでしょ」

「あなたは当事者じゃないからそんなこと言えるんでしょ」

当事者にありがちなこの思考パターンに陥っている自分にいかに早く気づき、そこから抜け出せるか。

耳を塞ぎたくなる気持ちは分かります。
自分たちも数年前まではそうだったから。

今のままの自分で充分満足できている人はそれでいいです。
だけどそうじゃないのなら、周りの人の意見に耳を傾けてください。
そして自分と本気で向き合ってください。

その作業のお手伝いだったら、僕らにも出来ると思います。
本気を見せてくれたら、僕らも本気で向き合いますよ。

暑苦しいかも知れませんが・・・。笑

でもホント、最終的に人を動かすものって上手い言葉や饒舌トーク等のテクニックじゃなくて、どれだけ本気なのかっていう部分だと思うんですよね。
あと最低限の常識。(初対面でタメ口、なんてのはNGです。最近、若いFTMに多いように感じますが。男として生きたいと思っているなら特にこれは気をつけるべきです。)

それがあれば、人って自然とその人を応援したくなっちゃうものだと思いますよ。
ポーンと突き抜けて、自然体で生きられるようになる人を何人増やせるかなぁ。

※8月交流会、受付開始しています。詳細は1つ前の記事をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*